使っている櫛を変えただけで、頭に『天使の輪』ができて感動した話

京 つげ櫛 十三や』で櫛(くし)を買いました。その使い心地やお値段、普通の櫛とどう違うのか? についてご紹介します。

櫛を買いかえることにしました

これまではずっと、普通の櫛を使っていました。近所のドラッグストアで買える、プラスチックでできた千円台前半のくしです。

しかし、それが汚れてきたので、新しい櫛にしようと思いました。

プラスチック製の櫛は、どうしても細かい埃がついて汚れていきます。掃除をしても完全には取れません。掃除するのも結構、時間がかかり手間です。

「気分を変えて、新しいものにしたい」

そう思い、薬局へおもむいたときのことでした。売り場に並んでいる櫛を選びながら、ふと思いました。

これから先の人生で、何本くらいの櫛を買うことになるんだろうか?

プラスチック製の安い櫛は、数年に一度、替えることになります。そのたびに千いくら。それならば、一生使えるような櫛を買ったらどうだろうか

そう思い、調べてみることにしました。そして見つけたのが、「つげ櫛」です。

つげ櫛とは?

つげという木をそのまま削って作られた櫛です。日本古来の伝統的な技術により、職人さんの手で作られたものです。そのため、お値段は張ります。

一度、買えば、一生使えます

そのため、昔はプロポーズの際に男性から女性へ贈られたりもしたのだそうです。しかし残念ながら贈ってもらえる予定がないので、自分で買うことにしました。

たとえ諭吉さんが飛んでいったとしても、今後の人生ずっと使えるのであれば、それだけの価値があると考えました。もう、これで、櫛を選ぶ時間も、買いかえようか迷う時間も、実際にお店まで買いに行く時間もなくなります。そう考えれば、いい投資だと思ったのです。

つげ櫛の選びかた

お店に行って話を店員さんから話を聞きます。当然ですが、『試し梳き』はできません。

一生ものなので、慎重に選ぶ必要があります。

1本まるごと、木を削って作られています。櫛の一本一本の歯は細いのに、継ぎ合わせたりしたあとがないのです。ちょっとした芸術品ですよね。

髪がストレートでサラサラなら、目の細いもの。パーマだったりくせっ毛なら、目が少し粗目がいいようです。サイズも旅行用のミニサイズのものから、4寸、4.5寸、5寸と様々に揃っています。単位がセンチメートルでないあたりに趣を感じます。

お店はそれなりににぎわっていました。お店のひととお客さんの話を盗み聞くに、遠方から来られている方も多いようです。家族の分も買う、という方や、旅行のお土産として頼まれた、という方もいるようでした。

かなり迷って、ひとつを選びました。

つげ櫛の使い心地

家に帰って使ってみたところ、『天使の輪』ができました。セットで買ってきた椿油を、ちょっとつけすぎちゃったからかもしれません。つやっつやです。ここ数年、頭に『天使の輪』ができているところを目撃したことがありませんでした。鏡の前で、ひとりはしゃいじゃいました。

古来から伝わるものというのは、なかなかにすごいですね。

髪が痛む原因には、静電気もあるそうです。この『つげ櫛』は、木でできているので、プラスチック製品のように静電気が起こることがありません。

また、適度に硬いため、頭皮のマッサージ効果もあるようです。

そして、『椿油』をしみこませて使います。これにより、汚れにくくなり、また、少しずつ椿油がしみだして髪に移りますスタイリング剤いらずです

まとめ

以上、つげ櫛の使い心地についてご紹介しました。

一生、大事に使います。

つげ櫛を綺麗に使うためのお手入れ方法

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください