たまのお掃除 メガネのレンズを綺麗に保とう

みなさん、眼鏡、かけていますか?(挨拶)

眼鏡のレンズって、すぐに汚れてしまいますよね。指紋をつけてしまったり、小さい埃や水滴がついたり。視界がクリーンじゃないと、ちょっとテンションが下がってしまいますよね。

そこで、眼鏡の正しい扱い方と、きれいになる掃除方法をご紹介します。

簡単なのですぐできますよ。

はじめにーそのまま拭いてはいけない

汚れているレンズには、細かい粒がついていたりします。それをそのまま拭くと、ホコリの粒が、レンズにこすりつけられてしまいます。そして、細かい傷がついてしまいます。

私はこれを知らずに、そのまま拭いてしまっていました……。

これをしていると、たとえ見えなくっても、細かい傷がついていきます。そして、どんどん汚れが付きやすくなってしまいます。

では、どうすればいいのでしょうか。

まずは水で洗い流す

水道水で洗い流します。眼鏡のつるを両手で持ち、レンズを斜めにして、水を表面に流します。左右、裏表。触ったりこすったりせずに、水の勢いで汚れを流すイメージです。これにより、表面についた小さなホコリが洗い落とされて、レンズを傷つけることなく磨くことができます。

柔らかい布で拭く

メガネ屋さんや薬局に、専用のクリーナーが売っていると思います。専用のものがなければ、家庭用の普通のティッシュでいいんじゃないかと思います。ぽんぽんと包むようにして、水分を取ります。拭くというよりは、当てて水をしみこませていきます。

見えにくくてもゴミがついているかもしれません。常に新しいティッシュの面を使うように心がけてみてください。

あらかた水分が取れてから、きゅっきゅっと拭いたら出来上がりです♪

クリーナーで磨いてみる

眼鏡屋さんに専用のクリーナーが売っていますので、それを使うとさらにぴかぴかになります。~1,000円くらいするかもしれませんが、新品のようになって楽しいです。いったい、何が入っているのでしょうか。不思議です。

番外編

学生の頃、ゼミの研究室に超音波洗浄機がありました。そこで、ビーカーと共に眼鏡を水につけてスイッチオン。微粒子レベルで綺麗になります。試すときは、自己責任でどうぞ。

まとめ

この掃除方法については、行きつけの眼鏡屋さんで、親切に教えていただきました。

特に汚れた日以外は、だいたい1週間に1回くらい掃除すれば、快適に過ごせると思います。

あなたの本体大切な目である眼鏡。ぴかぴかにして、気分よく毎日を送りたいですね。

take-off-glasses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です