今日こそ部屋を片付ける! やる気を出す4つの方法

最近、仕事が忙しくて、部屋が散らかりがち……。たまにとれた休みの今日こそ、一気に部屋を片付ける! そう思っていても、いざとなるとやる気が起きなかったりしますよね。どこからどう手をつけていいのかわからない、なんてこともあります。

そんなあなたのために、モチベーションを上げるための4つの方法をお伝えします。

イメージを作る!

雑誌や本を借りたり買ってきて、「どんな部屋にしたいか」のイメージを作ります。いわばモデルを選び、頭のなかに理想の部屋を作り上げるのです。このときに気をつけるのが、きれいすぎる部屋を選ばないことです。どうやって生活しているのかわからない、撮影用の部屋をモデルにしてはいけません。

自分にもできそう……。でも、ちょっと難しいかな?

というラインが一番いいですね。「ミニマリスト 部屋」なんかで画像を検索してみるのもいいかもしれません。

ご褒美を用意する

自分へのご褒美を決めます。

  • 片付けられたら、高めな紅茶を飲む
  • 片付けられたら、ケーキを買ってきて食べる
  • 片付けられたら、あのドラマを借りてきて観る

なんでも構いません。自分のしたい、ちょっとした贅沢を決めます。そうするとわくわくして、やらなきゃって気になりますね。

することを小さく分ける

することを小さくします。

いきなり部屋を綺麗に! と思い立っても、なかなか難しいです。でも、「この棚をすっきりさせる」だとどうでしょうか? イメージもつきますし、難しくもないです。そのため、やる気も出やすいのではないでしょうか。

仕事も家事も片付けも、することは小さく小さく分解して、ひとつひとつ片付けていきましょう。

劇的! ビフォーアフターしてみる

まず、片付けると決めた場所の写真を撮ります。そして、片付けると決めた時間を測ります。携帯のストップウォッチやキッチンタイマーで、決まった時間になったら鳴るようにしておきましょう。音が鳴ったら、そこで終わり。最初に撮ったのと同じ場所、角度から、同じように写真を撮ってみてください。

なんということでしょう! 2枚の写真を並べてビフォーアフターしてみると、違いがわかり、テンションが上がります。アフターの方を編集して明るくしてみると、さらにそれっぽくなります。

思わず誰かに見せたくなりますね。

まとめ

やる気を出す方法をご紹介しました。いかがでしょうか。

片付けというのは、孤独な作業になりがちです。また、苦手な方ほど、苦痛な時間になりがちです。少しでもテンションを上げて、楽しく片付けしていきましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください