男性ミニマリストなら、頭のてっぺんから足の先まで牛乳石鹸ひとつで十分

先日、お風呂場からモノを減らそうと試行錯誤しました。

お風呂場のミニマム化計画。何も置かないくつろぎ空間

その中で、牛乳石鹸ひとつだけで全身洗う生活を送ってみたところ、思いのほか良い感じでした。男性ミニマリスト、もしくは髪の短い女性ミニマリストのあなたに、ぜひおすすめします。

牛乳石鹸とは何なのか?

牛乳石鹸 カウブランド 赤箱 3コ入1928年から製造されている、超ロングセラー商品です。石鹸で一番、古いくらいなんじゃないでしょうか。

おじいちゃんおばあちゃんの家で見たことある! って方も多いと思います。

なぜ牛乳石鹸という名前なのかというと、「ミルク成分」なるものが入っているからのようです。

ミルク。牛乳が入っている……?

触り心地もよく、香りもいい感じ。

ローズの香りの通称「赤箱」と、ジャスミンの香りの通称「青箱」があります。

青箱の方が若干、小さくて高いですね。

赤はしっとり、青はさっぱりのようです。

香りは、ローズ、ジャスミンとありますが、私には「どっちも牛乳石鹸の匂いがする」としか思えません。

ほんのりとした良い香りです。香料バリバリの液体石鹸と比べれば、優しめな香りがほんのり残ります。

10個セットでも、四ケタにならないお値段です。安いですね。

ミニマリストならこれひとつでいい。他はいらない

ボディーソープはもちろん、洗顔料、シェービングクリームの代わりにもなります。ネットで泡立てれば、ふんわり泡立ちます。自然派なので洗顔もいけます。

ミニマリスト御用達の石鹸になるだけの潜在能力は十分です。

髪も洗えます。ただ、ロングになるとちょっと泡立ちが厳しい……いや、慣れればいけるかもしれません。

ミニマリストにおすすめな理由は、こちら。

  • 色鮮やかとはいえシンプルなパッケージ
  • 減りにくいためコスパが最高。一生分の石鹸を足して諭吉さんひとりくらいで買えそう
  • シンプルでありながら柔らかみのある石鹸本体のデザイン

そして、これにすると決めたら、もう迷わなくていいということ。

おじいちゃんが生まれるより前から売られている石鹸です。多分、今後も売られ続けるはずです。

お気に入りの石鹸が販売中止になった! どうしよう!

将来、そんな悩みを抱く必要がないのです。ということは、無駄なストックを抱え込む必要もありません。

まとめ

むかし懐かしロングセラー石鹸をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

一個100円もしない安い石鹸ですが、万能です。男性でミニマリストをめざしている方には、特におすすめです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください