ハムスターを飼うときにはいくら必要? 一生分のお金を計算してみた

ハムスターを飼い始めるにあたって、お金の用意は必要です。

そこで、今回はハムスターの一生に一体いくらくらいの金額がかかるのか? を調べてみることにしました。

ハムスターを飼うのに必要な初期費用

まずは初期費用から。ざっくりとみていきます。

ケージ……1,000円~6,000円くらい

ハムスターのおうちとなるケージです。

以前にもご紹介していますが、

  • 市販のプラスチック製のケージ
  • 衣装ケース
  • アクリルケース
  • 水槽

などがあります。

ハムスターに最適な住居環境を考える。プラスチック? 水槽? 衣装ケース?

2016.12.23

どれにするかによって、金額には大きな差が出ます。

おすすめは、水槽もしくは衣装ケースです。衣装ケースなら1,000円、水槽なら6,000円くらいでしょうか。

回し車……700円~1,500円くらい

ゴールデンハムスターか、ジャンガリアンハムスターかによっても違ってきますが、だいたい、大きめのサイレントホイール17を買っておけばよさそうです。

1,000円から1,500円まででAmazonで買えました。

給水器……500円~1,000円くらい

1,000円出せばおつりが返ってきます。基本的には1日で水は交換します。ハムスターが水を飲む量は多くないため、小さいもので大丈夫です。

うちの場合は、給水器にヒモをつけ、衣装ケースの持ち手の部分にかけて設置していました。毎日のことなので、交換しやすいものが一番です。

巣箱……500円~3,000円くらい

小さなものから大きなものまであります。

入口がハムスターの顔の形になっているものは、かわいいですが使いづらそうなのでおすすめしません。入口は、小さめの丸がいちばんです。

ハムスターは地下に穴を掘って生活する生き物なので、巣箱は大きい方がいいようです。しかし、あまり大きいと、巣箱の一角をトイレにしてしまいます。

木製だと悲惨なことになります。しかし、温度・湿度を考えると木製が快適そうなんですよね。

お値段はそこそこ張りますが、『ハムスターの為の小さな木のおうち』は、木製でありながら、牛乳パックがぴったりセットできますので、衛生的に使ってもらえます。

飼い主の家よりも豪華?『ハムスターのための木のおうち』の住み心地!

2016.10.28

エサ入れ……100円くらい

ペット専用のものも売られていますが、百均で売っている、丸くて浅くて小さな醤油皿で充分かと思います。

深い皿だと、中に入ってしまうので衛生的に微妙です。中途半端な姿勢でふちに立ったりして、食べにくくなってしまうことも。

キャベツの切れ端などの生っぽい餌を与えず、ペレットだけの場合は、下に折ったキッチンペーパーを敷くくらいでも、問題ありません。

忘れてはならないハムスターさん本体……500円~2,000円くらい

近所のペットショップへ見にいってみました。

ハムスターは、種類と色によって、値段が分かれています。珍しい色の子のほうが、高いお値段で売られています。また、売れずに時間がたって大きくなってくると、安くなってくる傾向があります。

ジャンガリアンの場合、こんな感じ。

  • ノーマル(野生色)……500円~1,000円
  • ブルーサファイア(薄グレーの子)……1,000円~1,500円
  • ホワイト(白い子)……1,200円~1,500円
  • プディング(黄色い子)……1,200円~1,500円
  • パイド他(珍しい柄の子)……1,500円~2,000円

だいたいの傾向としては、

ノーマル<ブルーサファイア≦ホワイト≦プディング≦パイド

あと、ハムスターは背中に一本ラインがありますが、それがくっきりしているか、あまりないか、なども個ハム差があります。

最初にかかる費用の合計は?

最初にかかってくる費用の合計は、

  • 衣装ケースでだいたい、5,000円~7,000円
  • 水槽だとそれに5,000円くらい上乗せして、10,000円~12,000円
という計算になりました。
5,000円で飼いはじめることも充分に可能そうです。ただ、一万円くらいは見ておきたいところですね。

ハムスターを飼うのに必要な毎月の費用は?

初期の装備を用意したら、次は毎月かかってくる費用です。

敷材……100円~500円/月

何を使うかにもよりますが、月に500円もあればおつりがきます。

ハムスターのケージに敷くものとして最適なのは?

2016.12.16

エサ代……100円~300円/月

たとえば、

これだけあれば、ハムスターの二年から二年半の一生の間、じゅうぶん食べていけます。その場合、かかるエサ代はだいたい3,000円とちょっと。

2年3か月、つまり27か月生きるとすると、一か月の食費はなんと111円!

基本の主食は100円台で済むようです。

もちろん、実際に飼うとなるとひまわりの種や乳酸菌タブレットなど、いろいろとおいしいものを買い与えたくなるはずです。それでも、一か月でいうと500円もいかないのではないでしょうか。

犬や猫と比べると、体が小さいので、食べる量も少ないのですね。

電気代・水道代……???

夏は冷房、冬は暖房代が必要となります。

お住いの地域によっても変わります。

家族が多く、今でもいつも冷暖房かけてるよ! というかたは、そんなに変わらないかもしれません。逆に、一人暮らしでほとんど留守、というかたの場合、今までよりもかなり電気代がかさんでくるかもしれません。

↑冬場は、こうした暖房器具でしのいでもらうのもいいかもしれません。

水道代は……毎日の水換えで必要ですが、コップ一杯くらいです。ハムスターを飼う前後で、増えたと実感するようなレベルではないでしょう。

継続してかかる費用の合計は?

ひと月にかかる費用を合計すると、ご飯代と敷材代を合わせて、500円から1,000円くらいという計算になりました。そこに電気代がプラスされます。地域によるので計算には入れませんが、日本の一般的な環境ですと、寒い季節と暑い季節は、基本的につけっぱなしです。

ハムスターを飼うのに必要な金額とは?

 

  • 初期費用……5,000円~12,000円
  • 継続的費用……500円~1,000円/月

目安としては、このような感じとなりました。

ケージをどうするかによって、大きく変わります。

また、もし病気になったりけがをしたりして、動物病院へ行くようなことがあれば、その費用が加わります。

まとめ

以上、『ハムスターを飼うときにはいくら必要? 一生分のお金を計算してみた』という話題でした。

どのくらいの環境をハムスターに用意してあげるかによって、かなり変わってきますが、だいたいの目安にはなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です