いらない物を処分する方法。手間もお金も労力もかけたくないです!

もうすぐ年末。家の大掃除に、そろそろ取り組むという方も多いのではないでしょうか。

掃除につきものなのが、不用品の処分。これが意外と面倒です。せっかく掃除をしても、出てきた不用品は倉庫や玄関に置きっぱなし……ってこともあります。体力も使いますし、手間もかかります。

できるだけ不用品の処分に手間や時間、お金をかけたくない! って私は思います。そこで、不用品を処分する方法について、いろいろと調べてみました。

捨てる! シンプル イズ ザ ベスト

  • 誰が見てもゴミだとわかるもの
  • お金にならないもの
  • お金にしようとしても手間がかかりすぎるもの
  • 処分方法を考えるのが面倒になったもの

こうした物は、容赦なくゴミの日に捨てましょう。

買ったときには高かった物も、売るのにかかる手間や時間を考えたら、捨てたほうが安くついた、ってことは往々にしてあります。

迷ったら捨てましょう。時間も手間も、それ以上、無駄になりません。

断捨離の強い味方、小型家電回収ボックスを使ってみた

2016.11.09

電化製品は、小型家電回収ボックスが使えるかもしれませんので、確認してみるといいかもしれません。

誰かに譲る

欲しそうなひとがいたら、譲るのも手です。子どものものなんかは、ちょっと年下の子どもの家に譲ると、喜んでもらえそうです。「いらなかったら捨てていいよ」と申し添えるのを忘れないようにしましょう。

ただし、なんでもかんでも譲るのは考え物です。笑顔で受け取ってもらっていても、本当は迷惑に思われているかもしれません。「これ欲しいんだけど」という話が出ている相手でもなければ、基本的にはやめておくのが無難です。

実家へ送る

これは、やっちゃいけないことです。あなたが送った物の分、居住スペースが狭くなり、ホコリがたまりやすくなります。実家は倉庫ではありません。

売る! お金に代わるといいね

  • ブランド品
  • 新品だったり、ほとんど使っていないもの
  • プレミアがつきそうなもの

こうした物については、売ることも検討してみましょう。

ただし、「買ったときには高かった物」に関しては注意が必要です。中には、ろくな値段がつかずに「買ったときは高かったのに」とショックを受けるケースもあります。また、二束三文にしかならず、「こんなんなら、捨てれば手間がかからず済んだのに」ということも十分にありえます。

買ったときには高くても、売るときには安いものです。新品と中古の違いです。もっと考えて買い物をしよう、と気持ちを切り替えていくしかありません。

リサイクルショップで査定してもらう

近所にあるリサイクルショップへ持ち込む方法です。カバンや財布、服や雑貨などなど、お店によって取り扱い商品は違いますので、聞いてみるといいでしょう。

ちなみに、未開封のこちら

箱入り+無印良品の紙袋に入ったまま(つまり買ったままの状態で)持ち込んだら300円でした。そんなものです。期待せずに、「捨てるくらいなら」と利用してみるのが正解です。

オークションに出品する

プレミア物だったり、誰かのサインが入っていたりしたら、捨てるのはもったいないですよね。

オークションに出品してみるのもありかもしれません。オークションといえばヤフオク(ヤフーオークション)が有名です。利用者も多いため、安心感があります。

ただし、オークションに出品するのは大変です。文章を書いて、写真を撮って、送付して……。手間を考えると、それなりの値段で売れてくれないと、割に合わないですね。

また、ヤフオクに出品するには、ヤフープレミアム会員の利用登録をする必要があります。これには月額使用料がかかってきます。ヘビーユーザーでない限りは、避けたほうが無難でしょう。

バリバリ使うぜ! という場合は、バリバリ出品しましょう。

オークション出品代行を使う

売れそうな物がいっぱい出てきたけど、オークションにいちいち出品するのは面倒。それにオークションって何か不安。そんな風に思って調べてみると、QUICKDOというオークション出品代行サービスが見つかりました。

インターネットから申し込むと梱包キットが送られてきます。そこに物を詰めて送るだけで、オークションに出品してもらえます。面倒な手続きを丸投げできるのです。

ちなみに、出せるものはこちら。

ファッション服、ブランドバッグ、靴、アクセサリー、時計、コスメ・香水、健康・美容機器、財布・小物、ファッション小物、食器、小型家電、カー用品、本、CD/DVD、アウトドアグッズ、置物、スポーツ用品、音楽・音響関連、アンティーク、ベビー関連、メンズファッション、おもちゃ・フィギュア、釣り用品、カメラ・デジカメ、タレントグッズ、着物、楽器、万年筆・ライター、贈答品・雑貨、MLM商材

QUICKDOサイトより引用)

なんでもありです。

商品画像の見せ方、タイトルの付け方、よりわかりやすい商品説明など、こだわって出品してくれるようなので、いい値段がつきやすそうです。また、落札金額の何パーセントと手数料が決まっています。最悪、売れなかったり安値でしか売れなかった場合でも、マイナスになることはありません。

ヤフオクへ全自動出品サービス【QUICKDO(クイックドウ)】

今年の大掃除では、これを使ってみようと思います。

ただ、自称ミニマリストゆえ、売れそうなものが……ない……かな……?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

手間と時間とお金のかかる不用品の処分。

うまく乗り切って、気持ちよく新年を迎えたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です