うさぎ萌えエッセイ『ぽぽたむさまのマフマフには敵わない!!!』を読んだ感想

うさぎエッセイ漫画『ぽぽたむさまのマフマフには敵わない!!!』を読んだので、感想をつらつらと書いていきます。

ちなみに、ぽぽたむさまというのは、作者さんの飼っているうさぎの『たんぽぽ』ちゃんのこと。まふまふというのは、ウサギの首のしたの膨らみのことをいうそうです。

マフマフ。初めて知りました。

内容紹介

うさぎほど可愛い生物が他にいるだろうか——。

やっぱりどこか塩辛い(!?)うさぎのぽぽたむさまと
振り回されっぱなしな作者・井口病院の逆転主従生活…!

「うさぎは正義」で大人気の井口病院が描く、日常コミックエッセイ!

(Amazonの商品説明より引用)

少し大判なサイズの漫画本です。1ページにつき、3コマ~5コマくらい。大きくて読みやすいです。

感想

うさぎと暮らす日常風景です。ウサギ飼いさんにはあるあるネタが多いのではないでしょうか。ウサギ飼ってないですが、ウサギ飼ったらこんな感じかなーと想像しながら読めました。

意外な展開とかはそんなにありません。

私はハムスター派でしたが、うさぎとハムスターは結構、似ているところもあるみたいです。「あるある」「わかるー」が結構ありました。

家に来たばかりの頃はびくびくしているのに、気がついたら家の主のように図々しくなっているところとか……。

あと飼い主→ペットへの愛はあるのに、ペット→飼い主への愛はろくに感じられないところとかね。

基本的に奴らは塩対応です。でも、そんな媚びないところも可愛いのです。

まとめ

うさぎ愛にあふれた一冊です。もふもふに癒されたいときには、ぜひ。

同じ作者さんの描いている『うさぎは正義』の感想はこちら↓

『うさぎは正義1』は、うさぎ好きのうさぎ好きによるうさぎ好きのための漫画でした 『うさぎは正義2』を読んだ感想。かわいいは正義、つまりうさぎは正義なのです

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください