リアル脱出ゲーム「あるアンティークルームからの脱出」に参加した感想

リアル脱出ゲーム「あるアンティークルームからの脱出」に参加しました!

さっそく、感想を書いていきます。

なお、謎そのものの回答やネタバレはありません。ただ、雰囲気や全体の流れなんかについては書いています。

事前情報を入れることなく、まっさらな状態で挑戦したい! というあなたは、ご注意くださいね。

それでは、アンティークルームへ、れっつごー。

「あるアンティークルームからの脱出」とは?

概要

ルーム型と呼ばれるイベントです。

10名がひとつの部屋に入り、そこからの脱出をめざします。

脱出率は、けっこう低めです。私が参加したときには10パーセント台でした。

さてさて、今回こそは脱出できるのでしょうか。

ストーリー

その謎は100年眠っていた

あなたたちは世界有数の鑑定士集団。
大富豪スクラッピーノ氏の豪邸に招かれた。

彼は言う

「この部屋には私が世界中から集めた超高級品が並んでいる」

そして彼は声をひそめてこういった

「しかし、どうやらこの中に一つ偽物があるようなのだ」

「しかも、一時間後にはオークションが開催される。それまでに偽物を見つけないと、私は世界の笑いものになってしまうのだ!」

あなたたちに衝撃が走る。

自らの知識、経験、直観、謎解き力を総動員して、この謎だらけのアンティークルームの秘密を解き明かすことができるだろうか?

(アジトオブスクラップサイトより引用)

あらすじを読むとわかるように、「~からの脱出」と題された他の公演とは、少し趣が異なっています。

「脱出」がゴールではなく、「部屋の中にある偽物を見つけ出す」ことがゴールなのですね。

「あるアンティークルームからの脱出」の感想

半分以上がリアル脱出ゲームに初参加という、初々しい(?)メンバーでスタートです。

この「あるアンティークルームからの脱出」では、部屋のなかが丸ごとアンティークなもので統一されています。

そのため、あまり「家探し」的なことはできません。

それぞれのものを丁重に扱う必要があります。壊すな注意!

メイドさんルックなお姉さんの衣装が超かわいいです。笑顔もかわいかった。

序盤

 

探索で手間取ります。ポスターの画像からもわかるように、雰囲気を出すためか、照明が間接照明ぎみです。そのため、ちょっとしたことを見過ごしやすいかもしれません。

謎のパーツ集めでだいぶ手間取りました。そして、まだパーツがでそろっておらず、解けるはずのない謎に挑んで時間をロスしてしまったりしました。

探索は、ひとを変え、場所を変えて、丁寧にしていく必要があります。

かーなーりー難しいものもありました。

中盤

分担して、謎を解いていきます。

壁に張られているアレはどうなんでしょうか。解き方がわかっても面倒そうです。

そして、30秒で成功したグループは、あるんでしょうか……?

終盤

時間がどんどん迫ってきます。

ある場面でひっかかり、大幅に時間をロス。

何とか先に進んだものの、進んでいる途中でタイムアップしました。

まとめ

 

あと5分あれば、成功できたかな? どうだったかな?

置いてあるもののひとつひとつが雰囲気あって素敵でした。

公演の情報はこちらからどうぞ。
あるアンティークルームからの脱出

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください