名探偵コナン「心斎橋チョコレート殺人事件」現場検証編の感想

大阪の心斎橋OPAで開催されている、名探偵コナン「心斎橋チョコレート殺人事件」の「現場検証編」に挑戦しました。「ルーム型」の脱出ゲームとは趣が違い、なかなか興味深かったです。謎そのものへの言及は極力しませんが、雰囲気や全体の流れをお伝えします。事前情報を仕入れたくない! という方はお気をつけください。

心斎橋チョコレート殺人事件」現場検証編の概要

ストーリー

心斎橋オーパ内で起きた連続殺人事件。
密室で起きた第1の事件。
そして、目撃証言の食い違う第2の事件。
2つの殺害現場に残されていたのは謎のチョコレート。
それは、被害者の残したダイイングメッセージか。
それとも、犯人の残した暗号か。
そして、忍び寄る第3の事件…。
食い違う証言から真相を紐解く「聞き込み編」
密室で起きた殺人事件のトリックを暴く「現場検証編」
家宅捜索に入った敵アジトに仕掛けられた爆弾を解除する「脱出編」
それぞれの捜査で手に入れた情報や証拠を元に
連続殺人犯の正体を突き止めろ。

(公式サイトより引用)

今回、ご紹介するのが、「聞き込み編」「現場検証編」「脱出編」の3つがあるうちの「現場検証編」です。

大まかな流れ

同じ時間帯のチケットを持っている6名で、部屋の中に入ります。そこは密室殺人事件の現場という設定です。そこにあるものを調べ、密室のトリックを再現する、というのが大まかな流れです。

他のルーム型の脱出ゲームとは違い、「脱出」が目的ではありません。

脱出を目的としたゲームの場合、手がかりを探して、部屋の中を徹底的にひっくり返していきます。しかし、この「現場検証編」では、部屋の中をひっくり返しません。むしろ、物を移動していくと、手がかりが消えてしまいます。なので、スマホのカメラで状態を撮ってから場所を移動します。

最初の状態が一番答えに近い。これがこのゲームの面白い点です。

 「心斎橋チョコレート殺人事件」現場検証編の感想

序盤

刑事ドラマや漫画で読んだような状況を楽しめます。探偵気分で挑戦です。

中盤

わかると「おおっ」となるような仕掛けが随所にあります。密室トリックを考える犯人は、すっごく暇で、すっごく賢いですよね。

終盤

何か所かわからないところがありました……。あえなくタイムアップ。難易度の割に、時間が短いです。

序盤で時間を使いすぎた感がありました。大きめのタブレットを持っていき、サクサク撮影+閲覧ができるようにしておくとグッドです。

まとめ

「心斎橋チョコレート殺人事件」でひとつだけ参加するならどれか、と聞かれたら、私は迷わずこの「現場検証編」を推します。「脱出ゲーム」とは趣向が違い、探偵もしくは刑事気分が味わえます。

リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「心斎橋チョコレート殺人事件」現場検証編

名探偵コナン「心斎橋チョコレート殺人事件」解決編の感想。1日で全部クリアできるの?

2016.11.24

名探偵コナン「心斎橋チョコレート殺人事件」聞き込み編の感想

2016.11.22

名探偵コナン「心斎橋チョコレート殺人事件」脱出編の感想

2016.11.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です