TSUTAYAカードを解約! 面倒な上に、お金がかかりました……

あなたは、TSUTAYAのTポイントカード、持っていますか?

Tポイントカードといえば、CDやDVDのレンタルを始め、コンビニや薬局などなど、様々なところで使えるカードです。ポイントカードと言われて、一番に思い浮かべるのがTポイントカード、という方も多いんじゃないでしょうか。

そんなTポイントカードを、今回、すっぱりと解約しました。

私がTポイントカードを解約した理由

理由は二つあります。

  1. CD、DVDを借りる機会が多くないこと
  2. あんまりポイントが溜まらないので、持つ必要性を感じなくなったから
  3. 個人情報をたくさんの会社にばらまかれている状態が嫌になったから

1と2は、説明の必要がないかと思います。問題は、3ですね。

Tポイントカードに登録した個人情報は拡散する

Tポイントのサイトで、会員登録情報を確認していたときのこと。たくさんの会社がずらっと並んでいるリストが目に入りました。これ、なんだろう? そう思って調べていくと、それは、Tポイントに登録した個人情報が提供されている会社のリストでした。

まだ見たことのないあなた、ぜひ確認してみてください。ざっと50件くらいあります。しかもこのリスト、新しい会社が入ったら、自動的に提供される設定になるようです。

何を買ったかという情報を提供するのと引き換えに、ポイントをもらえるシステムだということは、知っていました。しかし、こんなにたくさんの会社に提供されていることは、初めて知りました。そして、なんか嫌だなー、と思ったわけです。

Tポイントカードを解約する方法

そこで、Tポイントカードを解約するべく、サイトを調べました。どうやら、サイト上にある申請書をコピーし、必要事項を記入し、郵送する必要があるようです。サイト上や、電話や、TSUTAYAの店舗では退会できません。作るのはとっても簡単なのに、やめるのは、果てしなく面倒です。

しかも、普通の郵送ではなく、簡易書留にする必要があるそうです。お金がかかります。なんじゃそら。それでも、書いてあるとおり、印刷して、郵便局に持っていきました。「個人情報の削除依頼」というのも一緒に出しました。こんなに面倒な退会は、これが初めてです。

一週間後くらい経ったら、「退会が完了しました」という紙がぺらっと一枚、返送されてきました。どうやらこれでようやく手続きが完了したようです。

Tポイントカードを解約するメリット

退会のハードルはとても高く、途中で面倒だからやめようかと何度も思いました。けれど、それが向こうの作戦なのだと思うと、意地でも退会してやろうと謎のやる気がわいてきました。無事に退会した今、RPGで中ボスを倒したような気分です。

Tポイントカードを解約するデメリット

当たり前ですが、CDとDVDが借りられなくなります。

私の場合、家で映画をひとりで見ることはまずありません。どうしても観たい映画があるなら、上映期間中に映画館で観るようにしようと思います。もしくは、友人や家族とプチ上映会を開いて借りてきてもらう方法ですね。でも、そこまで観たい映画って、ないような気もします。

CDも、必要なら買います。買うこと、まずないですけどね……。

まとめ

カードを一枚手放すのに、ものすごいエネルギーを消費しました。

そして、私はどうやら、TSUTAYAを使わなくても生きていける人間だったようです。そもそも、なぜ登録してしまったのでしょうか。店で勧められるまま、何も考えずに申込を書いてしまったような気がします。

これからは、しっかりと要らないものは断る判断力を持って生きていこうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です