WordPressテーマ「simplicity2」がミニマリストブロガーにもおすすめな4つのポイント

このブログを執筆し始めてからしばらくして、ブログテーマ「simplicity2」を知り、使ってみました。シンプルでありながらもカスタマイズしやすく、おすすめなテーマだと感じました。

特に「これはいい!」と思った点をご紹介します。

WordPressテーマ「simplicity2」とは?

このブログでは、『WordPress』というブログを執筆するためのソフトを使っています。『WordPress』には、『テーマ』というものを変えることでデザインや機能を変えることができるという特徴があります。

テーマというのは、いわばブログの衣装です。ブログのデザインを変えたり、いろいろな機能を追加できたりします。いろいろと着せ替えしてみると楽しいです。このテーマ選び、テーマいじりが、ブログをする楽しみのひとつだと思っています。

「simplicity2」は、名前のとおり、かなりシンプルなテーマです。公式サイトでは、その特徴について、次のように書かれています。

Simplicityには主に、以下の7つの特徴があります。

  1. シンプル
  2. 内部SEO施策済み
  3. 拡散のための仕掛けが施されている
  4. 端末に合わせた4つのレスポンシブスタイル
  5. 手軽に収益化
  6. ブログの主役はあくまで本文
  7. カスタマイズがしやすい

(公式サイトより抜粋)

特にいいなと思ったところは太字にしてみました。

よく意味のわからないところもありますが、なんかすごいんだろうなと思います。

デザインがとにかくシンプル

シンプルだけど、ちゃんと記事が投稿してあれば、殺風景にはなりません。むしろ、アイキャッチ画像をいっぱい並べることができて、結構にぎやかになります。

そして、「スキン」というものがあり、数クリックで好きな色にできます。季節や気分で、お手軽に模様替えができるわけです。

レスポンシブスタイルってなんかすげー!

あなたは今、このページを何で見ていますか?

パソコンでしょうか? スマホでしょうか? もしくはタブレットかもしれませんね。

レスポンシブスタイルというのは、どんな横幅の画面で見ても、ちゃんと綺麗に表示されるデザインのことです。試しに画面のサイズを変えてみると、横に並んでいた情報が縦に並びました。ちょっと感動しました。

とはいえ、これはスマホやタブレットが席巻する現代には必須の機能かもしれません。

見出しが整っていて、装飾も豊富。本文が見やすい

見出しがいい感じに強調されています。そして装飾がいっぱい。しかも使いやすい。蛍光マーカー引いたみたいになるやつとか、大好きです。

本文は、ほどよく間隔が取られていて、読みやすいです。

カスタマイズ項目が豊富で楽しい

何よりも、日本語というのはいいですよね。ブログのテーマって、おしゃれだけど英語なものが多くって、日本語だとビミョーに恰好悪くなってしまったり、設定項目が読めん! ってなりがちです。その点、このテーマは、純日本産なので安心して触れます。

そして設定できる項目が、いっぱいいっぱいあります。ひとつひとつ変えて試行錯誤していると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

関連している記事を表示できたり、いたるところにアイキャッチ画像を表示できたりと、かゆいところに手が届きまくりんぐです。

まとめ

名前からして心が惹かれる「simplicity2」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

私のようなブログを始めたばかりの初心者でも、特に問題なく楽しくカスタマイズできました。

シンプルだけど機能的なところは、ミニマリストにおすすめです。

WordPressテーマ LIQUID PRESS

コーポレートサイト多言語対応WordPressテーマ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください