持ち帰り謎『トレジャーオブダンジョン 古代神殿に眠る時の秘宝』で遊んでみた感想

今回は、『MOVIE ROCK』さんという謎解き団体より、レビューの依頼をいただだきました!

遅ればせながら、『トレジャーオブダンジョン 古代神殿に眠る時の秘宝』を遊んでみたので、感想を書いていきます。

なお、流れや形式については書いていますが、謎そのものに対するネタバレはありません。

持ち帰り謎』は初挑戦なので、どんなものなのか全然知らない状態でのスタートです。

公式サイトはこちら
MOVIE ROCK

 『トレジャーオブダンジョン 古代神殿に眠る時の秘宝』とは?

トレジャーオブダンジョン 古代神殿に眠る時の秘宝』というのは、『持ち帰り謎』に分類される謎解きゲームです。

『持ち帰り謎』とは?

持ち帰り謎というのは、自宅でできる謎解きゲームです。

通販や、最近、町にある『謎解きカフェ』といった場所で売られているようです。

今回、挑戦した『トレジャーオブダンジョン 古代神殿に眠る時の秘宝』も、Amazonで買うことができるようです。

イメージとしては、ゲームブックみたいなものなのかな? なんて考えつつも、とりあえずやってみることにします。

紹介動画

オープニングムービー。クオリティ高いですね!

 あらすじ

遥か太古、四大文明が誕生するよりもずっと昔。
この地に一つの王国が存在しました。

知恵の王国と呼ばれていたその国は、
”時の秘宝”の力により大いに栄えていました。

しかし
その力を欲した悪しき者の手により
王国は火にかけられ
時の秘宝は王国の歴史とともに
一夜にして消えてしまいます…

それから数千年の月日が流れたある日、
世界の財宝を保護するとレジャー財団により
時の秘宝の在り処が記された古びた書物が発見され、
あなたは信頼出来る相棒とともに
遺跡の奥へと足を踏み入れます。

果たしてあなたはすべての謎を解き明かし、
”時の秘宝”を手に入れることができるかな!?

公式サイトより引用)

 『トレジャーオブダンジョン 古代神殿に眠る時の秘宝』の感想

キットをあけて、冒険開始!

届いたキットは、封筒にまとまっていました。A4の紙を3つ折りした、長4サイズ。だいたいそのくらいのサイズです。

この封筒のなかに、謎解きに必要なキットが入っています。

©MOVIE ROCK

↑封筒の裏はこんな感じ。

©MOVIE ROCK

画像は、メインとなる謎解き用紙。二つ折り。エピソードごとに1枚あります。何セットかに分かれて、透明なパックに入っています。

基本的には、この1枚ずつをひらいて、謎をといていきます。

エピソードによっては、何枚もカードがあったりします。また、冒険を進めると、宝箱などのカードが手に入ったりもします。全体として枚数はそれなりですが、逐一、どれをみればいいのか教えてくれる、親切な設計です。

書き込みしにくいよー

個人的に感じた不満点です。

私はキット類にはガンガン書き込んでいきたいタイプ。勉強でいうと、ノートを綺麗にとらずに、教科書を汚していくスタイルです。

このキットは、かなりきちんとしたいい紙なので、書き込みはしづらいです。そして暗めな色調のため、書き込みも見にくいです。特に最後のほうでは、ちょっとそれで難儀しました。

動画と紙のミックス

  1. ストーリーを画面上で見る
  2. 指示された紙のキットを使って謎を解く
  3. 画面上に分かった答えを入力する
この3ステップを繰り返して進んでいきます。

エピソードごとにムービーがあるのですが、そのクオリティが高いです。上のほうで紹介したトレーラームービーの品質。それがずっと続きます。パソコンの大画面で見ても、あまり荒く感じませんでした。すごい。

©MOVIE ROCK

パソコンで見た画面はこんな感じ。

クリックして進んでいくシーンもあり、思った以上にゲームっぽかったです。

謎やアイテムの画像は、拡大できるので読みやすいです。

ただ、ヒントは拡大できないため、文字が小さくて読みづらいかもしれません。

ヒントは親切

ヒントは各問題にあります。

とても親切。ヒントに次ぐヒントが用意されています。

ほぼ答えなのでは、というくらいのレベルなため、詰まってしまってどうしても進めなくなる、という事態は避けられると思われます。

自宅で取り組む『持ち帰り謎』という性質上、この配慮はありがたいところですね。

制限時間があるシーンも

何か所か、ムービーの途中でカウントダウンが始まります。時間的に切迫した状態での謎解き。ムービーの演出、BGMもいい感じに緊迫感を演出してくれていました。

特にラストのほうなんかは、制限時間内に解くぞ! と燃えました

そしてダメでした\(^o^)/

いい感じに進んだと思ったのになー。

謎解きの難易度

謎解きの難易度は、後半にいくにつれて上がっていく印象です。とはいえ、ヒントもありますし、謎解き初心者でも充分楽しめると思われます。

最後の謎は、時間内に解こうと思うと、結構な歯ごたえではないでしょうか。

あと、暗号解読のウェイトが高いですね。暗号解読というよりは、古代文字の翻訳……かな?

SCRAPのリアル脱出ゲームでいうと、『古代遺跡エルドラドからの脱出』みたいなイメージです。

「古代遺跡エルドラドからの脱出」リアル脱出ゲームに参加した感想

雰囲気が出ているなーと感心すると同時に、どうしても、ちょっと面倒に感じてしまいました。面倒くさがり屋ゆえ。

ゲームブックのイメージで、つまっては考え、ひらめいては詰まり……という(数か月かかりかねない)ヘビーなのを想像していましたが、そんなことはありませんでした。

全体とおして、集中すればだいたい2時間~3時間くらいでクリアできるのでは、と思います。

友人で集まって、タコパのついでに遊ぶのにもよさげです。

まとめ

以上、持ち帰り謎『トレジャーオブダンジョン 古代神殿に眠る時の秘宝』で遊んでみた感想でした。

いかがでしたでしょうか?

こういった『持ち帰り謎』には、初めて挑戦してみましたが、なかなかボリュームもあり、予想以上にテンポよく、熱中して楽しめました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください