ポイントカードを手放して、財布を軽くしよう。アパレル、飲食店、スポーツショップetc

あなたの財布には、ポイントカードは何枚くらい入っていますか? もしかしたら、財布とは別にカード入れを持ち歩いている方もいらっしゃるかもしれませんね。

お店で勧められて、うなずくだけで作れてしまうポイントカード。これって、けっこう曲者です。一枚、一枚が積み重なって、財布を分厚くしてしまいます。そして、その割には、たいしたメリットがない、なんてことも……。

気軽に増やさずに、本当にそのポイントカードが必要かどうか、検討してみることをおすすめします。ポイントカードを処分したら、財布が軽くなって、買い物が快適ですよ。

ポイントカードって、結局なかなか貯まらない

お店でもらえるポイントカードって、だいたいこんな感じです。

  • 10スタンプで1回無料
  • 100円で1ポイント。1ポイント=1円。溜まったら割引券や粗品と交換

100円で1ポイント。交換できるのが100ポイントだとすると、1万円使うごとに100円貯まるわけです。結構、低いものですよね。たまにしか行かないお店だと、一生貯まらない可能性もあったりします。

考えてみてください。

これから先、あなたはそのお店で、何万円使いますか?

何万円も使わないのなら、そのポイントカードは手放してしまいましょう。何万円かは使う、という場合でも、財布を重たくするデメリットと、天秤にかけてみる必要がありそうです。

ポイントカードに行動を左右されていませんか?

私がポイントカードを持ちたくない理由がこれ。

「もうちょっとでポイントが貯まって交換できるから、もう一個買おう」
「こっちのお店ならポイントカードが使えるから、こっちにしよう」
「このお店のポイントカードは持っているから、どうせならこのお店を使おう」

……こんな風に考えたこと、ありませんか?

これがポイントカードを発行する側の作戦です。ポイントが貯まるから使おうと思ってもらえたら、勝ちなわけです。

逆に、ポイントカードを持っている側としては、こうなったら負けだと思います。

極端な話、餃子とパスタでは餃子の方が食べたかったのに、パスタのお店ならポイントカードにポイントが貯まるから、本心に背いてパスタにしちゃった……ということがありえるわけです。

ポイントカードに行動が左右される。

それって、なんとなく、嫌じゃないですか?

どうせ食べるなら、好きなものを選びたいですよね。

迷ったとき、自分の本心で選びたい。余計な要素に邪魔されたくない。

お得じゃない、いらないポイントカードを手放そう

ポイントカードを手放す方法

貯まっていたら交換しよう

まずは、何かと交換できるものは交換しちゃいましょう。

ただ、交換できるくらい貯まっているということは、今後も貯まる可能性が高いかもしれません。手放さなくてもいいかもしれませんね。

ポイントカードをお店へ返しに行こう

これが一番スッキリします。

退会届を書いて、提出。ポイントカードは、「破棄してください」とお願いします。持ち帰ってくださいと言われる場合もあります。その場合は帰って捨てましょう。

別に、店員さんに冷たくされることはありません……多分。

昨今、個人情報の流出が時たま大きなニュースになります。いつどこで個人情報が流出してしまうか分かりません。それならば、あまり使わない、お得でもないポイントカードの発行元に、いつまでも自分の個人情報を預けておきたくはないですよね。

そのまま捨ててもいいかもしれない

登録する必要がなかったカード。飲食店でよくある、何百円ご利用ごとにスタンプ1個押してもらえるポイントカード。これはそのまま捨ててしまって、問題ありません。

まとめ

ポイントカードを手放すと、財布が軽くなります。会計のときに、財布の中を探してごそごそする必要もありません。「あったっけ?」「なかったっけ?」と思い出す必要もありません。

また、どのお店を選ぶか考えているときに、ポイントについて考えることがなくなります。

大げさかもしれませんが、本心のままに何かを選ぶ自由が手に入ります。

最近、ポイントカードが財布に増えてきたなあ、というあなた。

ぜひ一度、財布の中を見直してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です