学級会の秘密を解き明かせ! 終わらない学級会からの脱出に挑戦した感想

©SCRAP

 

リアル脱出ゲーム「終わらない学級会からの脱出」に参加しました!

このゲーム、前々から面白そうだと思っていました。

まずポスターがいい感じです。影の差す薄暗い教室。黒板にチョークで殴り書きされたタイトル。顔のみえない女子生徒。とっても謎めいていて、素敵です。

そして、過去の公演のため、難易度が低いとの情報も。これは脱出成功しなくては、と意気込んでの挑戦です。

「終わらない学級会からの脱出」とは?

概要

形式

1チーム6人。各回90人ほどが同時に参加しますが、チームごとに挑戦していただきます。

いわゆるホール型のイベントです。会場にテーブルが十数個あり、同じテーブルに着いたチームごとに謎に挑戦していきます。

参加時のメンバー

今回は、初心者+経験者が混ざったメンバーでの挑戦となりました。初参加者はいない模様です。

6人フルで揃ってなくて、人手の面で若干の不安感を覚えます。しかし、人数が少ない分、情報を共有しやすいかも、と前向きにとらえることにします。

ストーリー

学級会には秘密がある。

チャイムが鳴る。
起立、礼、着席。教師が話し出す。配られるプリント。
いつもの風景。しかしなぜだろう。さっきも同じことがあった気がする。

終わらない学級会が繰り返されている。
ここをなんとかして抜け出さなくてはならない。
次第に明らかになるこの終わらない学級会の秘密とは。

あなたは仲間と協力して、この不思議な空間から脱出することができるだろうか?

(アジトオブスクラップサイトより引用)

ループものが大好きな私は、このあらすじにときめきました。

そして学級会――なにかクラスで問題が起きて、それについて話し合うのかな? と予想します。

難易度は低い?

※過去の公演のため、今のリアル脱出ゲームと比べて難易度が低く感じるかもしれません。

常連さんは負けられない戦いになるかもしれませんし、まだ脱出したことがない人は脱出記録を作るチャンスです! 奮ってご参加ください!!

公式サイトには、こんなふうに書いてあります。

ふむふむ。ここまで書かれているのなら、ぜひとも成功して、脱出記録を伸ばしたいところですね。

「終わらない学級会からの脱出」の感想

 

序盤

先生が壇上に立ち、プリントが配られます。その中に謎が。さっそく、テーブルで解いていく組と、スマホで会場内を撮影して回る組にわかれます。

撮った画像は、LINEグループにあげて速やかに共有。便利な時代になりました。

中盤

先生くる→解けてる分をとにかく書いて、急いで提出→答案が返ってくる→間違った部分を考え直す→ というループでした。赤ペン先生の早回しみたいな。学級会というよりは……小テストやってる感じです。

わちゃわちゃしてて楽しいですが、ポスターから予想していた雰囲気とは、ちょっと、いやだいぶ違うかな?

そんなこんなで解いていくと、突然の急展開が訪れます。とうとつに。

その解決には、みんなで協力していく必要があります。しかし、急展開が訪れた理由は謎のままです。

終盤

ラスト5分前に、手持ち無沙汰になりました。小テストは解き終えて、何をすればいいの? 状態に。この辺り、過去の公演っぽいかも?

そしてラスト5分ごろ、最後の問題が出されます。

これをクリアすれば、学級会から抜け出せる……!

まとめ

だめでした。どうして気づかなかったんだろう……?

難易度は、確かにほかの公演と比べると低いです。小問を解き終えたら中問、そこで終わりっ! ってくらいなので、謎ボリューム的には、抑え目です。最後の問題も、解けてしかるべき。

公演の情報はこちらからどうぞ。
終わらない学級会からの脱出【リバイバル公演】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です