グレラン村に光あれ(人狼ジャッジメント 闘いの記録)

こんにちは、未知広です。

スマホアプリ「人狼ジャッジメント」から、自戦のログをご紹介します。

今回は、占い師が早くに亡くなり、グレーだらけになってしまった村です。占い結果という手がかりなしに、人狼を見つけ出すことはできるのでしょうか。

人狼ゲーム(役職70種類以上&20人対戦可能)

今回の配役(13人 猫猫+純愛者)

今回の村の配役はこちら。オーソドックスな13猫猫+純愛村。

今回の配役

人狼側:人狼2、狂信者1、黒猫1

市民側:市民2、呪われし者1、占い師、霊能者、狩人、パン屋、猫又

第3陣営:妖狐、純愛者

村側:8人 人狼側:4人 第3陣営:1

今回の使用キャラはエマ

エマるという動詞があるくらい、奇妙な動きをすることに定評のあるエマです。

役職は猫又。気ままな猫さんです。この役職を引いたときの動きかたですが、基本的には推理を頑張って発言を伸ばし、白く白く生きていくのが王道です。

狩人っぽい動きをしたり。役職なしの村人っぽい素朴な動きをしたり。どんな動き方でも共通していえるのが、「処刑されてはいけない」ということです。

初日

初日はシンプルな2-2陣形でスタート。

髪の毛の話題が出ています。

進行役であるパン屋さんが出る気配がないため、霊能者をローラー(2人とも順番に処刑していく)することになりそうです。

霊能者の人気投票では、ソフィアが圧勝。ビルが処刑されました。そして、道連れはありませんでした。ビルは本物の霊能者か、もしくは人狼です。

1 2 3 4 5 6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください